レボリューション犬ポータル案内局

フィラリアの薬を飲ませた後元気がないのですが問題ありませんか?

フィラリアの予防薬はとても安全性が高いものになります。しかし、体内に入った虫の卵や幼虫が血管に入り込んでしまう前に駆除するという作用はとても強く、身体に全く負担がかからないというわけではありません。副作用のない薬はありませんし、安全なものでも服用後ぐったりしてしまうこともあります。
だからこそ、飲ませる前後はくれぐれもペットの様子を注意深く観察することが大切です。

薬の服用後の気になる症状

薬を飲んだ後に表れやすい症状としては、倦怠感、食欲不振、下痢、嘔吐などが挙げられます。ただしこれらの症状はフィラリア予防薬に限ったものではなく、それ以外の薬を飲んだ後にも表れやすいものです。深刻な状態になるのはごく稀で、ほとんどの場合には1日から数日で改善されていき、健康状態には問題はありません。
毎年薬が必要な時期には投与前に健康体であることをチェックを忘れないこと、用法用量を守ること、その上で飲ませた後にぐったりとしてその後回復が見られないようであれば、念のため動物病院に連れて行くようにしてください。

気をつけたい発症後の投与

フィラリア予防薬は、虫が産みつけた卵や幼虫が血管内に入り込む前に駆除するのが目的です。薬を飲ませる際に最も気をつけておきたいのが、虫が血管内に入り込んでしまった後に与えてしまった場合になります。
万が一その状態で薬を飲ませてしまうと薬の作用で血管内にいる虫が大量に死滅してしまうことになり、それが原因で血管詰まりを起こすことが非常に危険です。全身性のショックや発熱、痙攣、最悪の場合には死も引き起こしかねません。
フィラリア予防薬を与える際に最も怖いトラブルですので、必ず投与前に検査をすること、投与後に明らかに異常が見られたらただちに獣医に診せましょう。

病院でしっかり検査をしよう

フィラリアの薬で大切なペットが不調になるのは心配ですが、それよりも怖いのがフィラリアの発症です。薬は必ず動物病院に行き処方してもらい、個体にあった用量を決まった間隔で投与するようにしてください。そうすればほぼ確実にフィラリアの発症を防ぐことができます。
発症後の治療のほうが大きな負担をかけることになりますので、予防をしっかりと行うことが大切です。

レボリューション犬ポータル案内局TOPへ

Copyright(C)2016 www.costume-halloween.net All Rights Reserved.